スポンサーリンク

【司法試験】経済法1位合格者が勉強法を徹底解説!

司法試験
この記事を読めばわかること

経済法1位合格者の経済法の勉強法

スポンサーリンク

経済法は過去問が超大事

こんにちは、ごま太郎です。

経済法1位合格者が語る「経済法のすすめ」という記事でも少し触れましたが、経済法はその性質上、過去問演習が得点に直結します。20近くある司法試験の科目の中でも、経済法は特に過去問演習が重要な科目と言えるでしょう。

さて、皆さんは、経済法の過去問を勉強するうえでこんなお悩みを抱いたことはありませんか?

どう勉強したらいいのかな?

勉強してみたけど、あんまり定着しないから、勉強法変えようかな。

どうせなら上位合格を目指したいねぇ。

この記事では、勉強法の第一弾として経済法で1位を取った筆者が実践していた過去問の勉強方法について詳しくご紹介します。

人によって勉強に割ける時間や環境は違うと思いますので、自分なりの勉強法を確立する際の参考にしていただければ幸いです!

スポンサーリンク

演習素材は過去問だけでOK

司法試験の勉強をしていると、「演習素材は何にするべきか」という議論がたびたび起こります。筆者の結論としては、合格点を取るだけなら、演習素材は過去問を解くだけで必要十分です。

過去問のメリット
  1. 実際の司法試験の問題の難易度が知れる
  2. 基本的な理解を問う良問が揃っている
  3. 採点実感・趣旨から出題者の意図が読み取れる
  4. 本番と同じ時間で解くことでタイムマネジメント能力が身につく
ごま太郎
ごま太郎

筆者は過去問演習以外に演習書などを使ったことがありません!

過去問演習だけでは不安という方は、『論点解析経済法』などで、苦手な類型のみ部分的に演習を積むのもありかと思います。別記事で演習書の書評も載せておりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

過去問学習の基本フロー

具体的な学習方法について話していきます。

筆者は、過去問は各類型2年度分ずつ+αを行っていくのがいいと考えています。

  • 「各類型2年度分ずつ」というのは、「ハードコアカルテルは〇〇年度と△△年度の過去問を、抱き合わせは☆☆年度と□□年度の過去問を解く」といった感じ。
  • 経済法は1年で2問出題されますが、「各類型2年度分ずつ」解く段階では、該当する類型の1問だけを解くので十分。ある類型を1問解いて、また数ヶ月後に他年度の同じ類型の問題を1問解くといったイメージ。
  • なぜ「2年度分ずつ」なのかというと、(1)1年度分だと不安(2)他教科の勉強もあり時間が有限、などの理由から筆者は2年が妥当と判断。
  • 「+α」では直近2,3年分の過去問を、本番形式で2問とも解く。

言葉ではわかりづらいかもしれないので、筆者の学習方法を表にしてみました。各段階の詳しい勉強方法は後述します。

ごま太郎の経済法過去問学習フロー

❶1年度分目:時間を測らず、調べながら解く

1年度分目の過去問は、基本書や参考書を見ながらやっても構いません。時間を測らずに、調べ物をしながらゆっくり解答を作っていくといいと思います。解き終わったら、しっかり復習をします。1年度分目の復習はとても大事です!(復習の仕方は後述)

1年分目から何もみずに解くのは、知識が完全に定着していない段階では難しいですし、何より全然できないのでやる気が入りません。無理なハードルを自分で作るのはやめて、過去問演習に必要以上に抵抗感を感じないようにしましょう。

❷2年度分目:時間を測り、何もみずに解く

1年度分目で十分復習して、各類型についての知識の定着も進み、答案の書き方もわかったところで、2年度分目でいざ実力を試します。何もみずに時間を測ってやりましょう。復習も大切です(復習の方法は後述します)。

完璧に解けるのが理想ですが、残念ながら、実際そううまくはできません。ごま太郎自身、2年度分目でしっかり解けるということはほとんどありませんでした。ただ、1年度分目でやったことで、部分的には解けるようになっているので、2年度分目は、残りの部分をしっかり復習するのが大事です。

❸+α:条文選択の練習

全ての類型で2年度分の問題を解き終わった後は、+αの演習に入ります。ここで具体的に何をやるかというと、条文選択の練習をします。ここ最近2、3年分の問題を取り上げ、完全に本番と同様の形式(時間を測り、2問解く)で、実力試しをするのがいいと思います。

経済法の特徴の一つですが、ある行為に対して複数の条文が適用できたり、あるいは、適用できそうに見えたりします。この条文選択を誤ってしまうと、大きく失点してしまいます。そのため、複数の条文の中から適切な選択をできるよう練習しておかなければなりません。

スポンサーリンク

確実に力を付ける復習方法!3つのポイントで実力UP

過去問演習を復習することはとても大事です。特に、1年度分目を解いた後の復習は、しっかりやる必要があります。

ここで注意したいのが、その方法です。ただ漠然と見返すだけでは力になりません。正しい復習方法でしっかり実力をつけましょう。

ごま太郎が最低限復習すべきだと考えるポイントは次の3点です。

最低限復習すべき3つのポイント
  1. 各要件の定義を覚える
  2. 論証パターンを作る
  3. 考慮要素を覚える

❶各要件の定義を覚える

市場の定義や意思連絡の定義など経済法の定義は、一回腰を据えないと覚えられません。なんとなく覚えているのではなく、ばしっと暗記しましょう。

❷論証パターンを作る

選択法まで必要なのかと思われる方もいるかもしれませんが、必要です。毎回、規範を思い出している時間はありませんし、規範があいまいだと充実したあてはめができません。

❸考慮要素を覚える

考慮要素を覚えることは、あてはめの時間を短くするとともに、充実したあてはめを可能にします。

以上3点を最低限、1年度分目、2年度分目と地道に続けることで、実力はかなり向上します。

定義規範は、法律論を展開するうえで、必要不可欠であり、この土台が不安定だと、いくらあてはめのセンスがあっても点数の向上は見込めません。考慮要素は、これを覚えているだけで、事案分析能力が高まりますし、あてはめ漏れがなくなります。すぐに、必要な事情に目が行くので、時間がなくなる可能性も低くなります。そのため、覚えない手はないと思います。

ごま太郎は某予備校で受験生の再現答案をチェックした経験がありますが、こういった基本的な事項ができてない答案が多数ありました。感覚ですが、これらをしっかりできるようにすることで、60点くらいは取れるようになると思います。復習として、あれやこれやといろんなことをしようとするのではなく、まずはこの3つの基本をしっかりやりましょう。

復習では過去の上位答案を見るべし!!

上位で合格している人の答案をみると、かなりクオリティーの高いものが多く、答案構成や答案の流れなどが非常に参考になります。私も現役時代は、いわゆる「分析本」を購入して自分の答案と照らし合わせながら、上位答案の良いところを盗んでいきました。ぜひぜひおすすめのやり方ですので、実践してみてください。

上位合格のための+α

「経済法で上位合格したい!」「60点以上の高得点を取りたい!」という方に向けて、プラスでいくつか勉強法をご紹介します。

❶過去問演習を3年度分解く

先ほど各類型2年度分としたところを3年度分に増やすといいと思います。ごま太郎もよく出る類型については3年分解いていました。

経済法は、驚くほど同じような問題が出るので、何年分解いても基本的には身になります。同じような問題でも、知識処理手順が定着しますし、あてはめをする技術タイムマネジメント能力も上がっていきます。余裕のある方、経済法で上位合格したい方は、さらに問題を解いてみましょう。

❷余裕があれば判例百選

該当類型の判例百選を読むのも一つの手段です。経済法の問題は判例百選から出ることが結構あります。現場で、「あ、あの判例か」と分かれば、安心できますし、さくさく解くことができます。

ただ、経済法の問題は、判例百選を読まなくても前述の三つのことを知っていれば、十分解ける問題が多いですので、あくまで余裕があればという感じで、優先度は低めです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は、経済法1位をとったごま太郎が実際に行っていた過去問の演習方法について紹介してきました。皆様も、自分なりの勉強法を確立できますことをお祈りしております。頑張ってください!

ごま太郎
ごま太郎

今後、筆者が作った経済法過去問の年度別出題類型のまとめ表論証パターンのファイルをアップする予定です!過去問演習の計画を立てたり、実際に答案を作ったりする際の参考にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました